トラベルヘルパー技のご紹介。

ご旅行の目的は、ズバリ温泉!!でも紹介させていただきましたが、
この一枚の画像をもう一度ご覧下さい。
90617 035
旅館の一室と言わなければ、
ご自宅でご夫妻がテレビを一緒に観ているほほえましい後姿。。。ですよね。
もう一度、よーーーーーーーーく見て下さい。
ジーーーーッ。。。
車いすの車輪に注目してみて下さい。
[emoji:i-190] [emoji:i-190] [emoji:i-190] ちょっと小さめの車輪にタオルが巻いてあるのがわかりますか???
実はこのタオル、
トラベルヘルパーの本部さんと、トラベルヘルパー戸塚さんのアイディアなんです。
おんやど惠さんにも
室内用の車いすは用意されてますし、
館内でもご自分の車いすをご利用いただけるようカバーも用意していただいてます。
90617 019
が、S様の車いすは、通常の車いすよりも車輪が小さい。
用意していただいたカバーのサイズが合わないのです。
いつも使っている車椅子で館内も過ごしていただくほうが、
お客様もゆっくりとくつろげます。
と、いうことで、二人のトラベルヘルパー、
考えました。
そして、出来上がったのが、即席「タオルカバー」
すわり心地のアンバイももちろん考えた力作です。
トラベルヘルパーは、こういった臨機応変力も大事なんですね。
本部ちゃん、戸塚さんのアイディアに、うーーーーんとうなったワタシでした。
さて、
今朝、S様の奥様からお電話をいただきました。
お二人ともとってもご旅行を楽しまれたとのこと。
奥様は、
「主人は、次回は、あなたはうるさいから、トラベルヘルパーさんだけに同行してもらって、
また温泉行くよ。と、言ってるのよ。」
と、これまた明るい声で報告下さいました。
ご主人は念願の温泉に入れてうれしい、
奥様はご主人の夢がかなってうれしい、
トラベルヘルパーやあ・える倶楽部スタッフは、お二人に喜んでいただいてうれしい。
うれしいの連鎖が生まれたご旅行でした。
S様、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

篠塚千弘

【あ・える倶楽部】の篠塚千弘です。 トラベルヘルパーと「うれしい外出」をする方が増えてまいりました。なんでもいい、どこでもいい、その方が「あきらめた外」のご希望をいろいろな形でトラベルヘルパーで叶えていただきたいです。お出かけや介護旅行の相談はお気軽に【あ・える倶楽部】にお問合せ下さい! http://www.aelclub.com/kaigoryoko/ もっと気軽にトラベルヘルパー!近くのトラベルヘルパーさんに来てもらいたい!という方は、トラベルヘルパーマッチングサイト【アエルズayellz】https://www.ayellz.jp/ 東京23区とその周辺、神奈川、埼玉、千葉の一部を対象に、トラベルヘルパーを今日使いたい!明日お願いしたい!定期的に利用したい!という方、30分からの簡単なお出かけや近くのお出かけ時に気軽にトラベルヘルパーを探せます。登録は無料ですので、具体的にお出かけの予定が無くても登録しておくと、急なお出かけが決まった時に慌てずに便利です。