北海道から念願の絹の機織り工房と星野富弘美術館へ。

群馬桐生のはた織りの工房見学と星野富弘美術館巡り。
大好きなはた織りの歴史を学ぶことを楽しみに、北海道から群馬へご旅行です。

DSC_0204

天然染色研究所では、色々と質問したいことがあるとのことで熱心に見学されていらっしゃいました。
室内の雰囲気、染色した糸の鮮やかさに感動され、
事前に質問事項をプリントして用意していてことに、快くお答えいただき、また感動!
「ここだけですごい収穫だった。良かった!!」と興奮されていらっしゃいました。

DSC_0207

職人さんと記念撮影。

 

「本当は行きたかったところがあったけど、ネットでは車いす不可になっているから諦めた」とあきらめていた織物博物館ですが、トラベルヘルパーが直接連絡して確認してみると、行けそうだということが分かり、織物記念館へ。

DSC_0220

機織りの歴史や、様々な種類の機織り機をご覧になりました。
念願の機織り工場見学も果たし「行けて良かった!連絡してくれて有り難う!」と喜ばれていらっしゃいました。

DSC_0223

DSC_0223

介護タクシーのドライバーさんが調べてくださり、機織り職人作業所へ。

 

DSC_0218

現役の機織職人のところへ見学。

わざわざ機械を稼動してくださり、説明して下さり、
出雲大社のお守りの生地も作っているとのことで素晴らしい!と、ご満悦のご様子でした。

 

DSC_0212

 

 

ファンの富弘さんの美術館へ

DSC_0226
「うちのカレンダーは毎年富弘さんのなの」
「やっぱり原画は違うなぁ~やっぱり素敵だなぁ~!!」と感動しきり
THが奥の部屋を発見し、そこからベランダに出ることができ、この旅一番の眺めに一同感動
景色を眺めながら「素敵ー富弘さんらしいなー」と、とても嬉しそう

DSC_0232

 

DSC_0230

「皆が心配するから、これで最後にしようかと思ってたけど、旅が終わるとまたどこか行きたくなるのよね」と笑われる

DSC_0225

 

トラベルヘルパーを利用したい方はこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

篠塚千弘

【あ・える倶楽部】の篠塚千弘です。 トラベルヘルパーと「うれしい外出」をする方が増えてまいりました。なんでもいい、どこでもいい、その方が「あきらめた外」のご希望をいろいろな形でトラベルヘルパーで叶えていただきたいです。お出かけや介護旅行の相談はお気軽に【あ・える倶楽部】にお問合せ下さい! http://www.aelclub.com/kaigoryoko/ もっと気軽にトラベルヘルパー!近くのトラベルヘルパーさんに来てもらいたい!という方は、トラベルヘルパーマッチングサイト【アエルズayellz】https://www.ayellz.jp/ 東京23区とその周辺、神奈川、埼玉、千葉の一部を対象に、トラベルヘルパーを今日使いたい!明日お願いしたい!定期的に利用したい!という方、30分からの簡単なお出かけや近くのお出かけ時に気軽にトラベルヘルパーを探せます。登録は無料ですので、具体的にお出かけの予定が無くても登録しておくと、急なお出かけが決まった時に慌てずに便利です。