第232回 ケアハウスの経営は「特定施設」と「一般型」で明暗がくっきり!?黒字化を目指すには“規模の拡大”がカギに!?

ケアハウスの黒字と赤字の違いはどこからくるものなのでしょうか。また、どのようにすれば、赤字から脱却して黒字に転換することができるのでしょうか。

介護報酬制度における特定施設入居者生活介護の指定を受けているケアハウスを、「特定施設」、受けていないケアハウスを「一般型」としたとき、独立行政法人福祉医療機構が黒字施設と赤字施設の調査。それによると、存在数は一般型のほうがはるかに多く、全体912施設のうち77.5%が一般型とでした。

第232回 ケアハウスの経営は「特定施設」と「一般型」で明暗がくっきり!?黒字化を目指すには“規模の拡大”がカギに!?

それだけではもはや成立しないのは見えていますから、新しいことをする必要が求められていますね。

THM事務局
寄稿者: THM事務局

介護や旅行の気になるニュースの発信、トラベルヘルパー養成講座受講生がオススメのバリアフリー情報を公開していきます。ご覧ください。 http://www.travelhelper.jp/